山盛りごはん三杯

映画、ドラマ鑑賞記録

連続テレビ小説「おしん」:地獄と噂のゾンビランド佐賀編を見終えました…(2)

www.nhk.or.jp

 

 

思ったより長くなってしまったので、ページを分けます。というか、まだ、内容が佐賀までたどり着いてませんね…。

 

多少の苦労ならオレたちのおしんは耐えてみせる…はず

 

そんなわけで、佐賀へたどり着いたおしんだけど、予想通り歓迎されざる客扱いで、震災から命からがら逃げてきたのに、姑の清は冷たくあたってくる。

とはいえ、私達は彼女が子供の頃、ご飯はおひつについたのをかき集めて食べ、お風呂はドロドロになってる仕舞風呂、雪の中の川でおむつを洗っていた姿を覚えているから、多少の辛い仕打ちでおしんが折れるわけないでしょうと思うわけです。

 

おしんにとって想定外だと思われるのは、舅の大五郎。東京では、さんざんおしんを褒めて、清をけなしていたけど、いざ地元では口先ではおしんを庇ってくれるものの、口先だけで清をたしなめるだけ。最後まで責任をとってくれない。おいこら親父。

なるほど竜三の父親…と遺伝子の仕事っぷりに涙が出そうです。

 

そしてもうひとつの想定外……おしんはかつて、髪結の師匠の髪結「はせがわ」に弟子入りした際、一度は門前払いを食らったものの、裏口から台所へと入り込み、店の家事を一手に引き受け、家事スキルの高さを評価されて「はせがわ」への住み込みを許された…という経緯がありました。だから、その時と同じく家事スキルを発揮して、田倉家に居場所を作ろうと思い、台所を手伝おうとするのですが、兄嫁の恒子からびしっと断られてしまいます。

「この家のしゃもじは、私がお義母さんから受け継いだ。だから家事一切に手出ししないでほしい」

つまり、台所は恒子の城であり領土なので、おしんが手を出すということは、弟嫁による領土侵犯になってしまうんですね。

みんなで手分けして仕事をすれば早い…という合理的な理屈は、田倉家には通じない。

おしんが田倉の台所で間に合ってしまったら、恒子の居場所が今度はなくなってしまう。

「はせがわ」や「加賀屋」のように、適材適所で仕事を任せるのではなく、姑、長男の嫁といった、家族の関係性によって仕事が決まるわけです。向いてる向いてないは関係ないんですね。

 

家父長制のゾンビ

 

ところが、ガチガチの家父長制で田倉家が動いているのなら、大五郎にはもっと権力があるんじゃないか? と思うわけなんですが…。

どうも大五郎は商売に何度か失敗していて、地位こそ田倉家の主人ではあるけど、実権はほとんどないみたいなんですね。そして、家の中を仕切っているのは清。彼女にしてみれば、苗字帯刀を許された豪農に嫁ぎ、姑にいびられ十八年と耐えてきたものの、いざ女主人としての実権を得たときには家は傾いていたという。清にしてみれば騙されたようなものかもしれません。

田倉家の家父長制はすでにゾンビのような状態になっていたわけです。

 

とはいえゾンビだから死んでいても機能はしているわけで、長男夫妻は目上である清に逆らうことは出来ず、恒子がおしんを気の毒に思っても、何もしてあげることは出来ないし、主人である大五郎は清に主導権握られてるから、気遣う言葉をかけるぐらいしか出来ない。

 

竜三は頼りない夫ではあるのですが、それでも、あの時代の男でありながら、雄の面倒をよく見るし、盲目的に清の味方になるわけでもなく、おしんをちゃんと庇ってくれたり、清にとりなしたりしようとするんですよね。

決して、頭ごなしにおしんに言うことを聞かせようとしたりしない。竜三、現代ならいい夫で良い父親なんですよ。

でもそれがまた清の神経を逆なですることに気づいてないところが、さすがというかやっぱりというか期待を裏切らない男・竜三なのですが。

 

田倉家では、どれほどおしんの家事スキルが高くても、その能力を発揮する場所がないため、どうしたって「穀潰し」にしかならない。完全に詰んでる状態なんですね。

働かないわけにはいかないから、清に命じられて、荒れた土地を作男の耕造・佐和夫妻と一緒に耕すしかないのですが、おしんが山形の家を飛び出したのは、ひたすら働き続けて何の甲斐もなく死んでいった祖母のような人生を歩みたくなかったことを思うと、どれほど畑を耕しても、居候・穀潰しの地位から脱出できない仕事を続けることは、おしんにとってかなりの苦痛でしょう。

だけど、竜三にとっては実家で、男だから人間として扱ってもらえている。土間で最後に食事を与えられ、風呂も仕舞風呂、働いて清が死ぬまで耐えたところで田倉家の女主人は恒子なのだから、おしんがここで辛抱して働く意味は全然ないのですが、竜三にはどうもそれがよく分かっていない。

 

ブーメランは思わぬタイミングで返ってくる

 

おしんは、元島原の女郎で同じく姑・小姑にいびられている佐和に、一緒に東京へ逃げようと持ちかけます。

このとき、おしんも判断力を失っていたのか、それともまだ若くて人を見る目がなかったのか、完全アウェイの中唯一優しく接してくれたことで、自分と同じように辛い目に遭っているなら、自分と同じ気持ちであろう…と思っちゃったんですよね。辛抱してる人がみな同じ気持ちであるとは限らない…その場で辛抱することと、未知の場所へ変化を求めることと、後者を選ぶ方が勇気がいる人もいるのだと。

 

そして、こんなときにおしんは二人目を妊娠して、佐和に気づかれてしまう。

 

佐和はいい人なんですよね。優しくて思いやりがある。だからこそ、「彼女の考えるおしんにとって最良の方法を選んだ」。東京で幼児と乳飲み子を抱えて一人で苦労するより、夫と一緒にいて子育てをしている方がいいし、いつか姑だって態度を和らげることもあるだろう。

 

────おしんがかつて、東京で再会した加代が一人、浩太を待ちたいと言ったときに、本当は浩太が帰ってきていたにもかかわらず嘘をついて、彼を諦めさせ、婿を取り新しい生活を送らせようとしたこと。加代のため、ひいては加賀屋のため、それが一番良かれと思って判断したこと。家父長制、家制度を守ろうとしたその判断は、ここでブーメランになって返ってきたという…!

 

おしんの東京への逃亡計画は、佐和から竜三へ伝えられ、追いかけてきた竜三とおしんはもみ合った末、彼女は大怪我を。

 

怪我と二人目の妊娠が、おしんを悲劇に導くのですが、ここで次回へ続きます。佐賀編については次回で終わる予定でしたが、佐賀編のあとの展開がまた観るものを震撼させるものだったので、もうちょっとだけ続く予定。

 

 

 

連続テレビ小説「おしん」:地獄と噂のゾンビランド佐賀編を見終えました…(1)

zombielandsaga.com

www2.nhk.or.j

4月から始まった、おしんの再放送ですが、気軽に見始めて、今どっぷりとハマっています。朝ドラ大好きな家人も、最初は「別に…」と言って特に見ようとはしてなかったのですが、今年のGWの10連休にたまたま観て、その後録画して前のめりで見るようになってます。

実はおしんは全く観てなくて、「おしんのしんは辛抱のしん」なんて言葉だけなんとなーく覚えてるぐらい。辛い環境でも我慢して耐えることを美徳とする辛気くさーい話なんかなーなんて印象でした。

ところが実際観てみたら、全然そんな話じゃない……というか、もちろんおしんは色々辛い目に遭うんだけど、あまりにも酷い環境で、我慢しても自分にメリットがないと判断するやいなや、そこからとっとと逃げ出しちゃうんですよね。

おしん、全然辛抱してなかった。しかも、逃げ出したあと、割とご都合主義的に助けられたりもする。なので、おしんちゃん大変だ…かわいそうで観てられない…ばかりではなく、彼女のゴリラなメンタルと行動力が次々と試され、鍛えられる展開も夢中になって見守るようになりました。

 

地獄の佐賀編とはなんだ?

さて、大好評の子供時代が終わり、おしんは製糸工場で苦労した挙げ句に死んでしまった姉の代わりに、髪結いという目標を得て東京で修行、仕事に恋に友情にとまさに青春真っ只中の展開に突入するのですが、気になって来たのが視聴済みの方々が口にする「地獄の佐賀編」。

話によれば、この佐賀編でおしんが姑にいびり倒される描写が壮絶で、佐賀県のイメージがめちゃくちゃ悪くなり、佐賀に嫁に出さないとか、佐賀はそんなところじゃないと県が釈明したとか。

しかし、「佐賀編は耐えられない」「佐賀編があるから再放送観られない」など、ネガティブな声が聞こえてくるんですよね。

一体何があったのかと震えているうちに、おしんは佐賀出身のチャラい男にストーカーされ、あろうことか投げやり気味にプロポーズを受け入れてしまってました。ああ待っておしん

 

佐賀の男はあかん……(らしい)!

 

と震えているうちに、おしんと佐賀から来た男竜三は結婚して、二人でラブラブの新婚生活を送りつつ、子どもの既製服という商売も成功させ事業拡大とトントン拍子に成功してました。

しかし、チコちゃんは知っています。このあと、東京が大変なことになることを。つい最近、いだてんで観たから……。

 

新工場完成の日、まさかの…

 

そう、竜三が借金して建てた新工場完成のお祝いの日、関東大震災が来るんですね。

おしんと竜三夫婦は家も事業も、そして二人の親代わりみたいに仕えてくれた源じいも、すべてを無くしてしまうわけです。

そして、竜三はおしんがもう一度やり直そうと言う励ましの言葉も聞かず、おぼっちゃまで打たれ弱い三男坊は、田舎へ帰ろうと歌いながらおしんと向かうことになるわけです。佐賀へ。

 

この、多少の逆境なんかへとも思わず、今まで髪結の仕事も子供服の商売も成功させてきたおしんが、ここで一度すべてを天災で失った状態で佐賀に逃げる、という異常な状況で東京を出るというのは、頭に置いておかないといけないんですよね。

 

おしんは割とダメな環境に対しての見切りが早いんで、実は大失敗や挫折は経験がなかったんですよね。だから、これが彼女の初めての挫折になるんでしょうか。

 

おしんの精神状態は普通ではなかった

 

おたかさんの髪結には、加賀屋で仕込まれた家事スキルで職場に入ることに成功し、竜三との結婚後は、在庫の生地を露天で売りさばき、折からの洋装ブームに乗っかり、子供服の商売を当てる*1

彼女自身は今までの人生を若さと才気で攻めて来て、子どもも生まれ、夫婦仲は良くなり、人生絶好調だった。竜三の言い出した新工場設立に嫌な予感はしたものの、結局折れた結果がまさかの大震災で工場壊滅という。

しかも、おしんを理解し、支えてくれた源じいは雄を守って死んでしまった。

これはさすがにおしんも想定外だったでしょう。

いろいろ理不尽な目に遭ってきた彼女ですが、助けてくれる人も現れ、自分自身の力でやってこれた自負もあったんですよね。ところが、天災は努力も我慢も気合いも全部吹き飛ばしてしまった。彼女自身、自覚はないですが、商売を潰され、大切な源じいもしなせ、夫と子どもとだけになってしまった。

姑が自分を嫁として認めてないのはわかっている。舅の大五郎はおしんの前で妻の清がいかにダメな女か以前愚痴り倒していってるので、清に対して楽観的に考えることはできないわけです。

 

佐賀に行きたくないと泣いて竜三にすがったものの、子供のために佐賀へ行けと言ったのは意外なことにおしんの母ふじ。溺愛というレベルでおしんをかわいがってるおふじですが、子供のために夫とともに夫の実家へ行けと背中を押すのです。

それが、この時代の常識だから。

子どものために女は多少の辛抱を受け入れなければいけない。

 

こうして、おしんはなすすべもなく母と夫に善意から促された地獄への道をあるき出すわけですが…。

 

(以下続く)

*1:しかも、製糸工場で死んだ姉と同じ轍を踏まないよう、従業員が病気になったときにちゃんと休ませるホワイトな職場を徹底

見た映画のメモ

宿題:「ファースト・マン

「翔んで、埼玉」

「グリーン・ブック」

どれも面白かったのでじっくり感想を書こうと思っていてそのままになってしまうといういつものパターンです…。

今年は真面目に映画の感想を書こうと思っていたのに、この体たらくだよ。

映画 シュガー・ラッシュ:オンライン スピード感あふれる豪華で楽しい傑作、だけどこれじゃない…

www.disney.co.jp

 

シュガー・ラッシュ」は前作視聴済み。無関係に見えるすべてのエピソードが最後に向かってきれいに収束していく、伏線回収の鬼のような構成がたまらない傑作でした。

さて、今回は、構成や伏線回収の「ああ!」というカタルシスはあまりなかったですね。まるでジェットコースターのように周囲の風景も何もかも振り切って一気に走り抜けるような感じでしょうか。

インターネットやディズニー作品の豪華なキャストたちが次から次へと登場してきて、その扱い方もお行儀のいいものだけじゃなく、なにげに毒も効いてるのには作り手の余裕を感じたり、笑ったり感心したりしているうちに終わった感じです。このキャストたち(故スタン・リーまで!)だけで十分楽しめました。

お話も丁寧にまとめてありますし、映像の迫力はすごかったです。インターネットの擬人化描写もなかなかセンスが良く、ところどころにちょい黒いものもあって面白かったですね。

 

だからこそ、最後見終わって、はあ…とため息が出ました。

映画としては素晴らしい。でもシュガー・ラッシュで観たかったのはそういうんじゃないよ……と。

 

以下ネタバレなのでたたみます。

 

 

続きを読む

映画刀剣乱舞 ゲームの荒唐無稽な設定をドラマに落とし込んだ描写力が見事 

touken-movie2019.jp

 

今回から、サブタイトル入れてみました。でもこのタイトルだけで感想終了してる気が……。

 

そんなわけで刀剣乱舞観てきました。

元になったゲームは、始まったばかりの頃にプレイしてたんですが、京都のあたりで短刀や脇差を育ててなくて*1、そのまま放置してました。

あと、アニメの花丸一期と活撃刀剣乱舞は観ました。なお初期刀は陸奥守吉行です。舞台は全く観てません。

touken-hanamaru.jp

katsugeki-touken.com

 

実は、全くの初見ではないので、サブタイトルのように果たして設定が初見の方にもするっと入ってきたかどうかは本当はわからないのですが(おい)、刀が人間の姿を取って、時間改変を目論む時間遡行軍と戦っているという、意味のわからん設定自体は、映画はかなり分かりやすく描写されてたんじゃないかなーと思ったんですよ。

時代背景も本能寺の変という、それこそ大河ドラマで一年おきぐらいにやってるエピソードだから、ほぼ説明は無用。そこで織田信長が死ななかったら? という仮定自体がとても分かりやすい。

というとなんでもないことのようですが、劇場版で初見となると、ゲームの設定の理解だけでも大変なので、キャラクターの目的を分かりやすくした…というだけでも観る方はストレスが少ないと思うんですよね。

このスタッフは「何を見せたいか」ということをとてもよくわかっていて、ドラマへの没入をスムーズにしている。これが簡単なようで意外とそうでもなく。ファンだけに分かればいいと割り切る方法もあると思いますが、刀剣乱舞はそうしなかった。

山本耕史八嶋智人を連れてきたのも、改変する歴史の部分を観客が軽んじないようにするためで、三日月たちの葛藤に説得力を出すには必要なキャスティングなんですよね。

 

この辺は長年特撮作品に関わってきた小林靖子さんの手腕が冴えてると思います。

 

いや、SFやファンタジー作品では説明の設定が下手くそで作品に入り込めないものって結構あるんですよ。本当に勿体無い。

小林靖子作品の第一話は、毎回世界観の説明とキャラ描写と盛り上げがスムーズで、観ていてすっと物語に入り込めるんですよね。その後の展開は好みもあるのですが、少なくとも第一話の過不足ない描写力は素晴らしいと思います。

今回の作品も、物語の分かりやすさについては役者さんの演技力含めいろいろ行き届いているので、余計なことに気を取られず画面に集中できるので、美しい青年たちの華麗なアクションの美しさを十分堪能することが出来ました。

 

あとは、三日月のあの食えない雰囲気と水臭いところが、小林靖子キャラって感じでしたね。

多分、三日月宗近というキャラはある程度共有されてる性格があると思うんですが、その性格を押さえた上で、あの行動は、ああー小林キャラやーとうなずいちゃいました。

そして、クライマックスの絶望感とそこからの鮮やかな逆転も小林脚本だーと、なんかどこを切っても小林脚本だったなと特撮ファンとしては頷いてしまう次第でした。

 

刀剣乱舞よくわかんないんだけど、という方にも、本能寺の変の歴史改変ものとして山本耕史八嶋智人織田信長羽柴秀吉のキャラ解釈と行動と、ともに戦火をくぐり抜けた彼らの刀たちがもし心を持っていたら、一体どんなふうに彼らに対峙するか…

 

劇場でお確かめを。

 

そうそう、ロケ地にもなってる松阪城址ですが、つい最近遊びに行ったので、インスタの写真リンクしておきますね。もっと写真撮ってくればよかったなあ…。

松阪城址の石垣は、城の石垣クラスタによればいいらしいですよ。そしてビフカツ美味しかったです…。また行きたい。

 

www.instagram.com

*1:マップが今までのマップで弱かった短刀、脇差有利で、それまで育ててきた薙刀や大太刀が弱体化されてしまう

ドラマ/3年A組─今から皆さんは人質です─ #3

www.ntv.co.jp

 

三日目。

五十嵐さんは初めから随分無能そうに見えてたんですが……

実は、一颯先生とグルだった…と。

警察としても、電気を止めたり通信を妨害するとかいろいろ方法はあったと思うんですが、五十嵐さんが最初から協力者だったなら納得です。となると、一颯先生の協力者は思わぬところにもいそうなんですが……?

 

一颯先生の話から、郡司刑事が元教師であり、過去の生徒とのトラブルから刑事に転職したという素性が出てきましたが、これは澪奈とは関係がなさそうですね。もっと大きな生徒と教師、学校の問題へと大きく話が発展しそうです。

とすると、いつの間にか生徒たちを人質にしている3年A組周辺の建物についても、おそらく学校が絡んでますね。いつの間にか一颯先生が勝手に工事をしたのではなく、誰かが手引きしている可能性もあるんじゃないでしょうか。

生徒たちは情報が遮断されてるので、自分たちが監禁させられてると思っているようですが、外部からすれば「人質」でもある。誰に対しての「人質」であり、その身代金は一体なんなのか。

 

澪奈の自殺は女同士の友情のもつれだとしたら、男子生徒はなぜ巻き込まれたのか謎でしたが、宇佐見にドーピング動画を投稿させようとした者がいて、その動画を撮ったのは澪奈に振られた里見くんだということが今回分かりました。

その里見くんも実はそそのかされて、動画を撮ったのが判明。そそのかしたものが黒幕のようですが、もしかすると澪奈はクラス内の人間関係のトラブルで自殺に追い込まれたのではない……?

一颯先生の授業は、澪奈の自殺を通してクラスの生徒達に何かを教えようとしてるのは最初の展開から分かるのですが……話はもっと大きなものを抱えているような気がしてきました。

 

そして、死んだと思われてた彼も3話で正体を現しました。謎を引っ張らずツッコミどころも全部織り込み済みで話を進めていくのは、展開自体の謎解きではなく一颯先生自身が一番解いてもらわなきゃいけない謎でありテーマに直結するからなんでしょうね。

実際肝心の一颯先生の目的については、話が進めば進むほど分からなくなっている。

 

さて次回で一回一区切りつくようですが、まだ四話なんですよね。今週はずっとおとなしかった甲斐くんが、さてどう澪奈に絡んでくるのか…?

ドラマ/よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~

www.tv-tokyo.co.jp

 

久々の西田征史脚本だったので、原作ものではあるけど楽しみにしてました。

ちょっと天然入って一見有能には見えないおっとりとした原島さんとエリート意識の強いけど原島さんが上司なので頼まれごとにはつい言うことを聞いてしまう加東くんとのコンビが西田作品らしい感じ。

ストーリーも、原島さんのおっとりとした行動で相手の懐へと入っていき、窮地を逆転する…という展開はなかなか分かりやすくて、女半沢直樹ものとして楽しめると思いました。

 

ただ、真木よう子さんがところどころ専門用語を話すときに、分かりやすくゆっくり話してる…のではなく、棒読みに聞こえてしまうのでそこでいい感じのストーリーの流れが止まってしまう感じがしました。もっと速口で喋ってもいいんじゃないですかねえ。

ベテラン勢はそうでもないのですが、若手組がちょっと銀行用語に引っかかってる感じ。

うまく行けばテレ東の池井戸もの(じゃないけど)になれそうなんですが…今後主役周りの演出をもうちょっと改修した方が良さげでしたね。

来週は里見浩太朗がゲスト。豪華だ。