山盛りごはん三杯

映画鑑賞記録

映画/カメラを止めるな!

kametome.net

 

TwitterのTLで「面白い」という評判がちらほらと流れて来るようになった。TLにはいろんな作品の評判が川のように流れてくるのだけど、カメ止めはなぜか目に止まるようになってきた。だいたいこういう場合、私のTLの評判に裏切られることはまずないんだよね。

調べてみたところ、東海地方ではシネマスコーレでしか公開してなかったのだけど、連日満員とのこと。これは観るのは無理かなーと思っていたら、あっという間に上映が拡大。TOHOシネマズ名古屋ベイシティでも上映されるとのことで、あおなみ線に乗ってお出かけしてきた。

 

さて、事前情報では「ゾンビ映画を撮ろうとした映画チームの元に本物のゾンビが現れる」「冒頭37分ワンカット」ぐらい。それ以上は皆、何かの信仰ですかってぐらい、観てきた人の口が堅い。

じゃあまあそれ以上知らなくてもええんですねと。

 

レディースデーだったんだけど、普段ガラガラのベイシティの箱がほぼ満員。もしかしてと思って前もって予約入れといたけど正解。なお女性だけじゃなく男性もたくさんいらしたので、レディースデー効果ではなかったと思う。

 

 

 

さて、内容に関しては、とても面白かった。ただこれは確かに大作映画とは違う種類の面白さだと思う。

ほぼ満員の劇場は最初のうちこそ緊張していたものの、とある掛け声が聞こえるようになってきてから、こらえきれず吹き出す人が増え、後半は爆笑につぐ爆笑。映画館であれだけ観客が一体になって笑ったのは久しぶりじゃないかな。

 

面白さの距離が自分にとても近いというか。テレビドラマの近しさともまた違う、自分との物語の近さや、重なるものを感じた。

 

多くの人を惹き付けてるのは、この物語で描かれてるドラマは自分の中に確かにあったものだと、思い出すからじゃないだろうか。

 

あと、なんといっても、物語は「構成」と「人物描写」が肝だとつくづく思った。

構成の見事さは後述するとして、人物描写、これが素晴らしい。短い描写でこの人がどういう人かということを表現し、どういう行動をこの状況で取るのか、ということがきちんと観客に伝わっている。

だからこそ後半の盛り上がりに繋がるわけで、その人物の過去をずらずら書き連ねなくても、必要な部分を適格に表現すれば、どんな人物かちゃんと分かる。

出来上がったドラマは、きれいに刈り込まれた植木が配置された美しい庭になる。

 

……と、ネタバレ無しで映画をおすすめするのは難しいのだけど、なんでゾンビもので自分への近しさを感じるのか? と思われた方は、ここまでで劇場へお出かけしてほしい。

*1

*2

 

では、以下ネタバレ。

 

 

*1:ただ、ゾンビもの苦手なんだけど、みんな見に行ってるし気になる…って方はちょっと感想をのぞいてもいいかもしれないです。個人的にはネタバレなしで観てほしいけど、グロやゴア表現が気になる人は、仕方ないと思う…。なお、映画自体は全年齢です。あれだけ血が飛んでてもPGつかないんですねえ…

*2:あと、ハンディカメラ使ってるので画面酔いを起こす人がおられる模様なのでご注意を。

続きを読む

雑記(覚書)

宿題がたまっております。

  • グレイテストショーマン
  • バーフバリ1,2
  • リメンバーミー
  • シェイプオブウォーター

に引き続き

どれも面白かったです。面白かったから感想を腰を据えて書くぜとなって、そのまま進まない。参った。

 

全部書けるかどうか分かりませんが、見た記録だけはつけておかないと忘れてしまうので、ここにメモ。

映画/パシフィック・リム:アップライジング

pacificrim.jp

 

KAIJUとの激しい戦いから十年の月日が流れた。命がけで世界を救った英雄スタッカー・ペントコストの息子ジェイクは、軍を除隊し、廃棄されたイェーガーの部品売買という違法行為に手を染めていた。そんな中、ジェイクは売人を案内したイェーガーで部品を先取りされ、危うく売人に殺されかける。

部品を盗んでいったのはアマーラという少女で、隠れてイェーガーを自作していたのだった。アマーラの出会いによって、ジェイクは再び軍に戻ることになるのだが、一方、世界には再び脅威が迫りつつあった────……。

 

 

待ちに待った第二作。今度はデル・トロ監督からデナイト監督に変わったので、作風がどうなるか一抹の不安はあったのですが、いやいや杞憂に終わりました。

前作とは確かにセンスが違うし、アクションも違うのですが、こちらはこちらでとても面白かったです。

 

以下ネタバレです。

 

 

続きを読む

雑記

映画、そこそこコンスタントに観ているのですが、感想をうっかりためてしまいました。忘れるといけないので、観た映画をメモ。

 

それと、ゲーム・オブ・スローンズにおもくそハマりました。なんだこれ面白すぎるだろう。

アマゾンプライムの見放題に来たので、評判いいし観ましょうかとS1からぼちぼち観はじめて、S2の後半からエンジンがかかり始め、S3で止まらなくなりました。

アマゾンプライムだと見放題はS6までだったので、hulu契約してでS7視聴。

まだ終わってないのにロスになってしまった…。

構成も題材もすごい。そりゃこれをうっかり観ちゃった人が、日本のドラマと比較して悲嘆に暮れるのもわからんでもない。まあ、これは比べたらあかんやつですわ。

いやあ、こんなに夢中になってドラマにハマれるというのは楽しいことです。

面白かったといったら、バーフバリもとても面白かった。こちらも心臓鷲掴みにされた。

 

改めて感想書きます。

映画/今夜、ロマンス劇場で

wwws.warnerbros.co.jp

太平洋戦争が終わり、日本映画黄金時代。映画監督を夢見る青年・健司は、ロマンス劇場で見つけた戦前のモノクロ映画に出てくる美雪というお姫様に恋をしていた。

ある嵐の夜、いつものように美雪の出てくる映画を観ていた健司は、雷が落ちたあと、彼女が映画館にいるのに気づく──…。

一方現代、ある病院に一人の品の良い男性が入院していた。孫にぞんざいに扱われている彼に、看護師の吉川は興味を惹かれるが……。

 

 

監督志望の青年の前に、大好きな映画のヒロインが現れて恋をする。

色のない世界からやってきた、誇り高く、強くて美しい姫君は、目に映るものすべてに魅せられて、目を輝かせていた。ただでさえ映画の中の姫君が好きだった彼には、目の前に肉体を持って現れた彼女にもっともっと惹かれないはずはない。

この世界を知らない彼女に世界を伝える行為は、健司にもう一度世界を発見し、好きになることでもあった。彼女のいる世界の美しさを、健司は知ってしまった。

だけど、この幸せな時間はいつまで続くのか。姫には健司が知らない、ある大きな秘密があった……。

 

以下、ネタバレ。

 

続きを読む

映画/キングスマン:ゴールデンサークル

www.foxmovies-jp.com

 

酷い

とにかく酷い。

──そして最高だった

 

思わず往年のブログのように、太文字にしてしまった。でも、ずっと脳内で監督への罵倒と賛辞を繰り返していた気がする。

以下は被害妄想入ってる感想だけど、マシュー・ヴォーン監督から「ほらほらこういうの観たかったでしょ?」「ほらほらこういうの観たくないでしょ、でも観せちゃう♡」とずっと耳元でドSのように囁かれていたように思う。被害妄想ですよ、もちろん。

でも、コリン・ファースが子犬を抱っこしてるシーン、あれあざといでしょ?*1 あれを大画面でやられた時に、聞こえましたよ監督の高笑いが。ちくしょうめ。ちくしょうめーー(血の涙)

 

ネタバレ無しで言うなら、悪趣味とあざとさとちょっとばかしの真面目な話と意地悪を全部混ぜてミンチにしてハンバーガーとして出されたのを、顎が痛いと思いながら食べさせられた感じですかねえ。

味はと聞かれれば、美味しかった。ただ万人が美味しいと思うとは限らないかな。ハンバーグにした肉の意味が受付ない人もいるだろうし。美味しく感じた私は悪食なのかもしれない。

 

ネタバレを避けるために、具体的な内容じゃなくて申し訳なく。

 

アクションは相変わらずキレッキレでしたね。キングスマンのアクション、やはり好きだなーと思います。んなアホなって動きも多いんだけど、というかむしろその、んなアホなって動きを大真面目にかつかっこよくやってるのが、観ていて快感なんですよね。

予告のドアにしがみついてたエグジーが、前から来た車の上をムササビよろしく飛び越えるシーンとか、うわあ…って気持ちよくなります。それ以外にもいっぱいありますが、ただ、ラスボスのトドメの刺し方までそういう漫画的で躍動感ある舞うような見事な動きで、

「だからそういうところが酷いんだよーーーー!」

と叫ばざるを得なかったのでありますが。ちくしょうめー。

 

以下ネタバレなので記事たたみます。

 

*1:なお、連れはこのシーンでブルーレイ買おうと決意してたらしい。あんた、いい人だな……。

続きを読む

映画/スター・ウォーズ/最後のジェダイ

starwars.disney.co.jp

あけましておめでとうございます。2018年1月1日、今年の映画はこの作品からです。

もうね、クライマックスのあたりで、小学生の時この映画に出会って、人生が変わるほどの衝撃を受けたときのことを思い出してました。ここまで来たんだなあ……と涙が止まらなかったです。

よくぞ作ってくれたという感慨しかありません。思い出を差し置いても、ノンストップの展開がとても面白かったですが。

 

「助けてオビ=ワン・ケノービ。あなただけが頼りです」

 

もうね、このシーンのルークの言葉だけで5000億点ですよ。このシーンだけで作った意味がある。異論は認めん