山盛りごはん三杯

映画、ドラマ鑑賞記録

ごちそうさん

引き続き愛宕さん捜索中の蓮花茶です。摩耶さん好きなんだけど、そんなに何人も来ていただかなくていいんですよ…………。

Twitterでそうつぶやいたら、うちの愛宕軍団から差し上げたいと言っていただけました。いただけるものならうちに養女として大事に貰い受けたい。ほんっとうに偏るねえ。

以上、艦これのご報告でした。今、3-1やってますが、ボスにたどり着かないぞ。

 

まさかのあまちゃん超え!「ごちそうさん」が実はかなり面白いと話題に - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア

 

そんなわけで、朝ドラも「ごちそうさん」に替わりました。

最初は、ヒロインめ以子が食い意地の張ったワガママ娘として描写されており、ドラマ自体の倫理観が上手く掴めなかったのですが、どうやらめ以子はいわゆる成長型ヒロインのようで、視聴者から見てダメじゃないかと思った部分はドラマの中でもダメな部分として認識されているということが描写されてからは、すっかり安心して観ることが出来ました。

め以子の描写は、朝ドラにしては珍しく、あまり際立った特徴の無い子だなあという印象でした。食い意地が張っているというのが唯一の特徴ですが、だからといってグルメドラマの主人公のように、美味しいものを食べることに対して、強い探究心を見せることは無かった。料理を作ることには興味が無い。勉強も努力する気はなく、困ったらお嫁に行けばいっかーという、まさにスイーツ脳

さすがにヒロインとしてはどうなんだ、と視聴者のめ以子についての批判が高まった所で西門がずばりとそこを指摘したシーンで、ああ読まれてる、と愕然としたのですが、分かってやっているとなればもうなんの心配もなくなりました。逆に、め以子の未熟さをどう成長させていくのかを、朝から目に毒な美味しそうな料理の数々によだれを垂らしつつ、見守っていくのが楽しみです。

 

なお、あまちゃんの視聴率をごちそうさんが抜いてるとか、梅ちゃん先生に及ばないとか話題になっていますが、確かにTwitterの盛り上がりに比べると意外と視聴率がそこまででも無いのは意外かもしれないです。

しかし、視聴率が高いのと視聴者の熱心さって、一致する場合もあればそうじゃない場合も結構あるし、いまさらじゃないでしょうか。ドラマによっては面白くても語りやすい、ツッコミを入れやすいものもあれば、面白いけど語りたいタイプの作品じゃないのもありますし。

あまちゃんは、小ネタや80年代の思い出とか、伏線の多さとか、語りたいことが大変多いタイプの作品だと思いますが、その前の梅ちゃん先生SNSではそれほど語りたいことが多いタイプの作品ではなかったんですよね。舞台についてもあまり熱心に土地柄を描写してなかったですし、マニア心をそそるような描き方はしていなかった。

梅子の戦中派なのにゆとり世代な描写には色々言いたいこともありましたけど。

視聴率という作品の評価の判断材料自体は否定しません。それも評価の一つでしょう。しかし、視聴率だけで作品を評価することはできないことは、いい加減認識されてもいいと思うんですよね。

少なくとも、あまちゃんという作品が視聴率だけでは測れない色々な素敵なものを、楽しく観ていた人たちに与えたことは間違いないはずですので。