山盛りごはん三杯

映画鑑賞記録

映画/パシフィック・リム:アップライジング

pacificrim.jp

 

KAIJUとの激しい戦いから十年の月日が流れた。命がけで世界を救った英雄スタッカー・ペントコストの息子ジェイクは、軍を除隊し、廃棄されたイェーガーの部品売買という違法行為に手を染めていた。そんな中、ジェイクは売人を案内したイェーガーで部品を先取りされ、危うく売人に殺されかける。

部品を盗んでいったのはアマーラという少女で、隠れてイェーガーを自作していたのだった。アマーラの出会いによって、ジェイクは再び軍に戻ることになるのだが、一方、世界には再び脅威が迫りつつあった────……。

 

 

待ちに待った第二作。今度はデル・トロ監督からデナイト監督に変わったので、作風がどうなるか一抹の不安はあったのですが、いやいや杞憂に終わりました。

前作とは確かにセンスが違うし、アクションも違うのですが、こちらはこちらでとても面白かったです。

 

以下ネタバレです。

 

 

 

 

イェーガー同士のバトル! 黒っぽいイェーガーが出てきたときはアドレナリン出ましたね。前回が怪獣との巨大戦なら、次はイェーガー同士で最強を争うべきでしょ。わかります。

あとは量産機の反乱とか、そう、わかってる! この監督わかってる、お約束だよね! と心の中で何度もガッツポーズしてました。

前作がゴジラへのオマージュなら、今回はちらりと映ったユニコーンガンダムから、ロボットアニメへのオマージュだったのかなあ…と感じました。

最後にスクラッパーが駆けつけたときは、うおおおおって叫びたくなりましたよね。それほどに気持ちよくお約束展開を観せてもらえました。

ちょっと残念だったのは、前作でタンカー引きずってきてぶん殴るとか、そういう「おお!」と理屈抜きで観てる方を殴ってくる絵面がなかったことかな。ここは監督のセンスの違いかも。

とはいえ、セーバーアテナはやはりツボですね。速度を生かしたバトルスタイルが好き。

あとは、訓練生たちの出撃、アマーラとヴィクトリアはセットでお互いに軽口叩きながら乗って欲しかったなあ…。ドリフトして、お互いの過去を見て、はっと分かり合うとか期待したのに。監督、あまりブロマンスのツボがなかったのかな。ヴィクトリアに「小さいのもいいわね」って言わせてほしかったし。これは残念。

富士山は活火山…なのは、ちょっと前に定義が変わったのでいいんですが、火口に思いっきりマグマが湧いてて爆笑してしまいました。こういう謎日本描写大好き。

 

それにしても、イェーガーは雪が本当に似合いますねえ。今回もちゃんと雪の中のイェーガーの描写があって、嬉しくなりました。

 

何度も何度もアドレナリンが出て、観終わったあと心地よい疲れが。

続編は微妙かもしれませんが、もし次があったらやはり観たいと思います。