山盛りごはん三杯

映画、ドラマ鑑賞記録

映画雑談

映画ブログをするほど、映画ファンってわけでもないんですが、ここのところ観た映画の記録を全く残してなかったので、簡単に。

銀魂 予算のなさを原作のノリで乗り越えてて、企画からして成功ですね。色々捨て身だったけど、そこを笑わせてくるので卑怯だよなあ~。

・HiGH&LOWシリーズ 佐野岳がせっかくアクションを売りにして出演してるしなーと思って観に行って、まんまとハマりました。こんなにすごいアクション映画だったとは。昭和の女だからこういうノリ弱いんだよね。邦画でもきちんと美術にお金かけて、有名無名関わらず、キャストを適材適所に配置すれば、いいエンターテイメントが出来るというのが分かった。

・ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーリミックス 前作よりストーリーはまとまってて良かったと思うんだけど、お父さん絡みのエピがベタな分弱かったかなあ。でもやっぱりこのメンバー大好き。

キングコング骸骨島の巨神 コングさんイケメンすぎ。

・SING クソな現実を夢を叶えて吹き飛ばそうぜー! というベタがきちんとベタで(王道と言え)、爽快なストーリー。気持ちのいいドラマだった。

・モアナ 人が海に向かって船出するシーンでぶわっと来た。本能の部分に刺激されて、あのシーンが本当に素晴らしい。あと水の描写すごい。お話自体は神話寄り。

・DREAM 邦題でちょっと揉めてたけど、作品としては素晴らしいゆえに熱くなってしまった人も多かったのだろう。差別を描いた映画というと、生真面目で辛気臭そうな印象があるけど、内容は池井戸潤作品のように、ものづくり+弱者が実力を発揮して偉業を成し遂げるという、逆転ストーリーだし、ごきげんな音楽が流れて、トーンも明るい。そんな中、ちゃんと差別についての肝の部分を押さえている。差別をする人は差別をしている自覚が全くなく、「決まりだから」と思い込んでいる。これは是非色んな人に観て欲しい。

スパイダーマン ホームカミング いい映画だったんだけど、個人的には綺麗にまとまりすぎちゃった感じだなあ。

仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング 正しく終わった。本編観てきてるから、最初のファミコンっぽさから、ついにVRまでたどり着いたっていうのが感慨深い。

・メッセージ 面白かった。謎解きと最後の主人公の選択が切なくて、余韻が残るいい映画だった。ぶーんというSEと荒涼とした風景が、地球なのに地球じゃないみたいで不思議な光景をずっと観ているようで、それが悪くない。

ブレードランナー2049 ぶーんというSEと荒涼とした風景に既視感がと思ったら、メッセージと同じ監督さんで納得。前作の雑然とした世界観から、すっきりとして何もない世界観に変わったけど、こちらはこちらで好き。ライアン・ゴズリングがとにかく愛せる。

マグニフィセント・セブン ストーリーは前半の仲間集めでちょっとダレたけど、後半はとにかく手に汗握って盛り上がった。完璧ではないけど、だけど愛せるという、観ようとする人がいると思わずオススメに行ってしまう、そういう沼的な映画だと思う。

・ララランド 最前列で観たので、首が死にそうだった。満席の映画館ってテンション上がりますね。これもお話自体はそこまですごいってわけじゃないけど、やはりライアン・ゴズリングがハマり過ぎて愛せる作品。でも何度も流れた、あの冒頭のミュージカルの気分をアゲてくスタイルには、やはり完敗するしかない。
しかし、もう一度改めて見直したいわ…最前列だと画面全部視界に入らないので。

Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower タイトルこんな長かったのか。映像のクォリティが素晴らしい。兄貴がスプリンターみたいに走るシーンは笑ってよかったのよね?

はいからさんが通る 前編 長い話をまとめてるのでどうしても総集編みたいになってしまうけど、これはとてもよいまとめ方だった。原作を丁寧になぞって、大正時代の元気なヒロインの、恋愛と大人への自立が丁寧に描かれていたと思う。後編も観る。

ドクター・ストレンジ ながらスマホ絶対ダメ。

 

見損ねて残念だったのが、「ダンケルク」「ベイビードライバー」かな。

あと、「新感染」も面白そうだったんだけどホラーは怖いので、おうちで観ます。「お嬢さん」も誰もいない時にこっそり観よう。